おなろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめにっき

今日、といっても、もう昨日のことなんですが
僕が朝、通学する際に乗っていた電車の中で、うたたねしてたときの夢を書こうと思います。
起きても覚えている夢を見たのは久しぶりで、ちょっと感動してしまいました。
それもエロイ夢だったので。

エロイ夢を起きても覚えてる、なんてことは
もう本当に10年ぶりくらいで、最後に見たのは小5のときかな?
プールでスク水の女の子にもみくちゃにされる夢でした。
今考えると、記憶もあやふやになっていて、それほどエロイ夢ではなかったのかもしれないけど
当時の僕はかなり興奮していたのを鮮明に覚えています。

それで、今朝見た夢の話なんですけど
駅かどこかで、僕は見たことない女性と肩を組んで歩いていたんです。
僕はワイシャツにネクタイだったので、多分季節は今くらいじゃないかなと思います。
なんか僕は少し酔っているようで、半ば無理やりに肩を組んでいるようでした。

そこからがエロイんですけど
歩いていると、男子トイレを発見した僕は、大きいのをするほうの個室にその女性を連れ込み
おもむろに便座に座ってチャックを下ろします。

なぜかチンコはふるぼっきになっていて、モロンと音を立てるように登場。
その時点で感じた違和感は、なんか自分のチンコより長く細くなってんですよね。
そんなに常識はずれな規格ではなかったんですけど、自分のよりキレイでした。

そんで女性も拒む様子もなく、おもむろに手コキをはじめます。
思い出すだけで相当勃起するんですけど、夢の中の僕は、あまり気持ちよくなかったようで
射精するには至りませんでした。

困った女性は、僕が要求したのかわかんないんですけど、チュッパチャップスをはじめます。
しかし未知の感触に僕のチンコは一瞬で昇天。
口に含まれて1秒としないうちに昇天。
暖かくて、ヌルヌルで、少しジョリっとしたのを覚えています。

夢って不思議ですね。実際にされたことのないことでも感触があるんですね。

僕が昇天してからはどうなったのかわかりません。
気付いたら駅のホームに画面は変わっていて、僕の実際の友人Sとその女性が
僕の3歩くらい先をならんで歩いていました。
二人の会話は聞こえなかったのですが、友人Sが爆笑していたのを覚えています。
電車に乗ろうとする僕に、Sは「ようやく卒業したか」みたいな含みのある目線を送ってきて
そこで夢は終わりました。

眠りから覚めると、そこには電車の車掌さんがいました。
電車は見たことのない駅に止まっています。

「お客様終点ですよ」

そうして僕は、いつになく豪快に乗り過ごしました。
スポンサーサイト

コメント

ドラマとかでありそうだな

おまんこ

かーちゃんにアノ本が見つかったことある甘酸っぱい奴挙手!

http://soig.qqwoiid.net/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hukamoko.blog98.fc2.com/tb.php/143-fbb83a9c

Three Questions

?? ?в?? ???3Ĥμ ?ν??顦

 | HOME | 

文字サイズの変更

はるいち

留年しました 18c1b62e6f5ba1d33e811fa62051bdee.png

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。